ハウスメーカーの資料(カタログ)を請求する方法

ハウスメーカーの資料(カタログ)を請求する方法

こんにちは、アスヤマです。

今回は新築で積水ハウスの注文住宅を建てた私が、

新築を検討中に取りや機能、価格について悩んでいた際に知った裏技(無料でハウスメーカーのカタログをゲット出来る方法)を紹介します。

 

新築を検討中の悩みとは?

悩み

私は新築の検討中に以下のような悩みがありました。

・ハウスメーカーをどこにしようか?

・間取りはどうしようか?

・新築にはどんな機能を付けたらいいの?

・新築を建てるのにお金はどのくらいかかるの? 

 

新築を検討中の悩みは大きいですよね。

本や雑誌で調べたりインターネットやSNSで調べたりしてもハウスメーカーの資料や具体的な間取りのプランや付けられる機能や新築の価格は分からないことが多いと思います。

私が新築を検討中の時は一日中スマホやパソコンで各ハウスメーカーについて調べたりしましたが情報が集まらず、調べるのに時間と手間がかかりました。

調べていく中でインターネットで申し込めば無料でハウスメーカーのカタログや間取りプラン、新築の価格を請求出来る方法を見つけたのでご紹介します。

資料を請求すると各ハウスメーカーについての情報が記載されているカタログが自宅に送られてきます。

資料(カタログ)が自宅に届き中身を確認したところ、今までインターネットで調べていた時間と手間はなんだったんだろうというくらい有益な情報が載っていました。

新築の取りや機能、価格について悩んでいる方は時間や手間がかからず無料で簡単に出来ますので今すぐハウスメーカーの資料を請求しましょう。

 

無料でハウスメーカーの資料(カタログ)を請求する方法を3つ紹介

紹介

無料でハウスメーカーの資料(カタログ)を請求する方法を3つ紹介します。

①ハウスメーカーのHPから資料(カタログ)を無料で請求

②ライフタウンから一括で複数のハウスメーカーの資料(カタログ)と間取り、見積もりを無料で請求

③suumoから一括でハウスメーカーの資料(カタログ)を無料で請求

 

私のオススメは②ライフタウンから一括で複数のハウスメーカーの資料(カタログ)と間取りと見積もりを無料で請求」です。

理由としてはハウスメーカーの資料(カタログ)の他に間取りプランや価格(見積もり)の資料も請求することが出来るからです。

 

上記の3つについて説明します。

 

①ハウスメーカーのHPから資料(カタログ)を無料で請求

オススメ度:★☆☆

資料の量 :★★★

手間と時間:★☆☆ 

各ハウスメーカーのHPから資料(カタログ)を無料で請求することが出来ます。

ハウスメーカーのHPから資料(カタログ)を請求するので希望のプランや欲しいカタログを確実にゲットすることが出来ます。

各ハウスメーカーごとに請求することになるので、複数社のハウスメーカーの資料(カタログ)を請求する場合は時間と手間がかかってしまいます。

 

②ライフタウンから一括で複数のハウスメーカーの資料(カタログ)と間取りと見積もりを無料で請求

オススメ度:★★★

資料の量 :★★☆

手間と時間:★★★

複数のハウスメーカーの資料(カタログ)を一括で請求することが出来ます。

さらに間取りプランや見積もりを請求することが出来ます。間取りプランや見積もりは簡単に手に入らない情報なのでオススメです。

間取りや見積もりはハウスメーカーの営業担当と何回も打ち合わせを行わないと貰えない情報なので新築を検討中の方には有益な情報です。

既にハウスメーカーが決まっている方にもオススメです。

理由は間取りや見積もりは価格交渉の最大の武器だからです

※候補のハウスメーカーの契約前に手に入れることを推奨します。

デメリットを上げるとすれば各地域によって資料を請求出来るハウスメーカーが限られている事と、資料が届いたかどうかの確認電話がハウスメーカーの担当者からくることがあるくらいです。

 

③suumoから一括でハウスメーカーの資料(カタログ)を無料で請求する

オススメ度:★★☆

資料の量 :★★★

手間と時間:★★☆

こちらも複数のハウスメーカーの資料(カタログ)を一括で請求することが出来ます。

資料を請求出来ないハウスメーカーはないくらい大手のハウスメーカーならどこでも資料(カタログ)を請求することが出来ます。

②で候補のハウスメーカーの資料(カタログ)が請求出来なかった場合に使うのがオススメです。

 

ハウスメーカーの資料(カタログ)を請求するメリットとは?

ハウスメーカーの資料とは?

 

ハウスメーカーの資料(カタログ)を請求すると以下の3つのメリットがあります。

・ハウスメーカー各社を比較できる

・ハウスメーカーが何に力を入れているかが分かる

・最新の家のトレンドが分かる 

 

新築を建てる際に後悔しないためにもハウスメーカーの情報は出来るだけ集めましょう。
私はハウスメーカーを積水ハウスに決める前は、毎日のようにハウスメーカー各社の資料(カタログ)を見ていました。
新築を建てて後悔している点はありますが、ハウスメーカー各社の資料(カタログ)を見ていなければ今頃もっと後悔していたと思います。

 

 

ハウスメーカーのHPから資料を無料で請求

HPから資料請求

ハウスメーカーのHPから資料(カタログ)を無料で請求する方法について詳しく説明します。

以下に当てはまる方にオススメです。

・既に新築を建てたいハウスメーカーが決まっている

・ハウスメーカーの候補を1社か2社くらいに絞っている 

 

HPから資料(カタログ)を無料で請求する方法

HPから資料(カタログ)を無料で請求する方法はパソコン、スマホなどから簡単に行うことが出来ます。

以下の4つの手順で誰でも簡単に行うことが出来ます。

①希望するハウスメーカーのHPへアクセスする

②カタログを選ぶ

③お届け先を入力する

④資料請求する 

大手のハウスメーカーなら手順は似ています。

 

積水ハウスの資料(カタログ)請求方法

例として積水ハウスの資料(カタログ)を請求する方法をご紹介します。

 

①希望するハウスメーカーのHPへアクセスする

 まずハウスメーカーのHPへアクセスします。

 

②カタログを選ぶ

 HPへアクセスしたら次にカタログを選びます。

 ※積水ハウスの場合、一度に請求できるカタログは3つとなります。請求出来るカタログ数などはハウスメーカーによって変わるので確認して下さい。

 

③お届け先を入力する

 氏名、住所、電話番号、メールアドレス等を入力します。

 5分以内で入力が完了します。

 ※虚偽の情報を入力するのはやめましょう。候補のハウスメーカーの場合は特に気を付けて下さい。ハウスメーカー側にも迷惑がかかってしまいます。

 

④資料(カタログ)を請求する

 情報の入力が終了したら資料(カタログ)を請求しましょう。

 あとはハウスメーカーから資料(カタログ)が自宅に届くのを待ちます。

 

ハウスメーカーのHPから資料(カタログ)請求するメリット

ハウスメーカーのHPから資料(カタログ)を請求するメリットは以下です。

・ハウスメーカーの公式HPから資料(カタログ)を請求出来る

・ハウスメーカーの候補が1つや2つなら簡単

・インターネットから無料で請求出来る 

 

ハウスメーカーの公式HPから資料を請求出来る

ハウスメーカーの公式HPから資料(カタログ)を請求出来るのでインターネットに詳しくない人ない人や、初めてハウスメーカーの資料(カタログ)を請求する場合は安心できると思います。

 

ハウスメーカーの候補が1つや2つなら簡単

新築をハウスメーカーで建てることが決まっており、既にハウスメーカーの候補が1つや2つなら簡単に資料を請求することが出来ます。

候補のハウスメーカーのHPで資料を請求するだけなので、1つあたり5分~10分程度で完了します。

 

インターネットから無料で請求出来る

パソコンやスマホなどからインターネットで無料で請求することが出来ます。

わざわざハウスメーカーの展示場などに行かずに無料で資料を請求可能です。

 

ハウスメーカーのHPから資料請求するデメリット

ハウスメーカーのHPから資料(カタログ)を請求するデメリットは以下です。

・複数のハウスメーカーの資料(カタログ)を請求すると時間と手間がかかる

・どのハウスメーカーの資料を請求したかすぐに分からない

 

複数のハウスメーカーの資料(カタログ)を請求すると時間と手間がかかる

ハウスメーカーの候補が複数ある場合、各ハウスメーカーの資料(カタログ)を請求すると時間と手間がかかります。

A社とB社とC社とD社の資料(カタログ)を請求する場合だと、4回も同じことを繰り返さなければなりません。

下記のような作業をするのに30分以上はかかります。

A社の資料(カタログ)請求

 HPへアクセス→カタログ選ぶ→住所、氏名等の入力→資料(カタログ)請求

B社の資料(カタログ)請求 HPへアクセス→…

C社の資料(カタログ)請求 HPへアクセス→…

D社の資料(カタログ)請求 HPへアクセス→…

 

どのハウスメーカーの資料(カタログ)を請求したかすぐに分からない

各ハウスメーカーのHPごとにハウスメーカーの資料(カタログ)を請求しなければならないので、何回も資料(カタログ)請求していると、どこのハウスメーカーの資料(カタログ)を請求したら分からなくなってしまいます。

メモにチェックするなどの手間もかかります。

 

一括で複数のハウスメーカーの資料(カタログ)を無料で請求

一括で資料請求

一括で複数のハウスメーカーの資料(カタログ)を無料で請求する方法について。

以下に当てはまる方にオススメです。

・ハウスメーカーの候補が複数ある

・ハウスメーカーの資料(カタログ)請求に時間や手間をかけたくない 

・候補のハウスメーカー以外の情報も知りたい

・間取りや価格(見積もり)なども知りたい

 

一括で複数のハウスメーカーの資料(カタログ)を無料で請求する方法

一括で複数のハウスメーカーの資料(カタログ)を無料で請求する方法もパソコン、スマホなどから簡単に行うことが出来ます。

タウンライフから一括でハウスメーカーの資料(カタログ)を請求しますが、ハウスメーカーのHPから請求する資料(カタログ)と同じものが送付されますので安心して下さい。

以下の4つの手順で誰でも簡単に行うことが出来ます。

①タウンライフへアクセスする

②都道府県と市町村を選択

③希望の間取り、資金計画、住所、氏名等を入力

④資料請求する 

上記を一度行うだけで複数のハウスメーカーの資料(カタログ)を請求することが出来ます。

 

タウンライフでの資料請求方法

タウンライフサイトの資料請求方法を記載します

①タウンライフへアクセスする

 タウンライフのサイトへアクセスします。

 

②都道府県と市町村を選択

 タウンライフのサイトへアクセス出来たら、都道府県と市町村を選択し、「家づくり計画の提案依頼スタート」を押します。

 

③希望の間取り、資金計画、住所、氏名等を入力

 希望の間取りを入力:こんな間取りにしたいなどと気軽な気持ちで項目を選択しても大丈夫です。

 資金計画を入力:予算などが決まっていなければ、「まだ決めていない」を選択しても大丈夫です。

 間取り・資金作成でのご希望やご要望を入力:新築でこだわりたいこと、悩んでいる事、見積もりが欲しいなど要望を記載して下さい。

 ※上記を詳細に記載すると希望に沿った間取りや見積もりを作ってくれるハウスメーカーもあります。

 住所氏名等を記入:住所、氏名等を入力します。

 ※虚偽の情報を入力するのはやめましょう。候補のハウスメーカーの場合は特に気を付けて下さい。ハウスメーカー側にも迷惑がかかってしまいます。

 

④資料請求する

 情報の入力が終了したら資料(カタログ)を請求しましょう。

 あとはハウスメーカーから資料(カタログや間取り図や見積もり)が自宅に届くのを待ちます。

 

suumoでの資料請求方法

①suumoへアクセス

 suumoのサイトへアクセスします。

 

②希望のハウスメーカーの資料(カタログ)を選ぶ

 suumoのサイトへアクセス出来たら、希望のハウスメーカーの資料(カタログ)を選択しカタログ請求リストへ入れます。

 

③住所、氏名、建築予定地等を入力

 住所氏名等を記入:住所、氏名、建築予定地等を入力します。

 ※虚偽の情報を入力するのはやめましょう。候補のハウスメーカーの場合は特に気を付けて下さい。ハウスメーカー側にも迷惑がかかってしまいます。

 

④資料請求する

 情報の入力が終了したら資料(カタログ)を請求しましょう。

 あとはハウスメーカーから資料(カタログや間取り図や見積もり)が自宅に届くのを待ちます。

 

一括でハウスメーカーの資料(カタログ)請求するメリット

一括でハウスメーカーのHPから資料(カタログ)を請求するメリットは以下です。

・時間と手間がかからない

・間取りプランや見積もりまで教えてくれる

・インターネットから無料で請求出来る 

 

時間と手間がかからない

一括でハウスメーカーの資料(カタログ)を請求出来るので、時間と手間がかからずに済みます。

タウンライフでの入力は間取りや資金などの項目がありますが、10分以内で資料を請求することが出来ます。

 

間取りプランや見積もりまで教えてくれる

入力項目で希望の間取りや資金計画を入力すると、カタログ以外にハウスメーカーがあなたに合った間取りプランや価格(見積もり)の資料まで作ってくれます。

間取りプランや価格(見積もり)は公式HPから資料(カタログ)を請求する場合は手に入らない場合が多いのでとても貴重な情報です。

 ※注意点として、全てのハウスメーカーが間取りプランや価格(見積もり)の資料を作ってくれるとは限りません。私は新築を検討中に5社のハウスメーカーに対して一括で資料(カタログ)を請求しましたが、間取りプランまで作ってくれた(送付してくれた)ハウスメーカーは3社で、さらに細かい価格(見積もり)まで作ってくれたハウスメーカーはそのうち1社です。

 

インターネットから無料で請求出来る

ハウスメーカーの公式HPから資料(カタログ)を請求する場合と同じで、パソコンやスマホなどからインターネットで無料で請求することが出来ます。

わざわざハウスメーカーの展示場などに行かずに無料で資料を請求可能です。

 

一括でハウスメーカーの資料(カタログ)請求するデメリット

一括でハウスメーカーの資料(カタログ)を請求するデメリットは以下です。

・営業電話やメールが来る場合がある 

上記のデメリットはありますが、デメリットよりもメリットの方が大きいので、一括でハウスメーカーの資料(カタログ)を請求する方法をオススメします。

 

営業電話やメールが来る場合がある

一括でハウスメーカーの資料(カタログ)を請求すると営業電話やメールが来る場合があります。

私は5社のハウスメーカーの資料(カタログ)を請求し、営業電話が来た会社は3社(間取りプランを作成してくれたハウスメーカー)で、メールは4社から届きました。

営業電話というと嫌なイメージを持つかもしれませんが、資料(カタログ)を請求したハウスメーカーから「資料(カタログ)は届きましたか?」という確認の電話でした。私からは「届きましたありがとうございます。検討させて頂きます。」と伝えて終わりました。

 ※ハウスメーカーの方も仕事なのでしつこい方がいるかもしれませんが、嫌だと感じたらはっきり断るようにしましょう。断るのが苦手な方に授ける魔法の言葉は「既にハウスメーカーを決めました(決まってなくても大丈夫です)」もしくは「近々、(夫もしくは妻が)仕事で異動があり一度家づくりは止めました」です。

 

どのハウスメーカーの資料を請求すれば良いか悩んでいる場合

ハウスメーカーの資料(カタログ)を請求したいが、どのハウスメーカーにすれば良いか、どんな資料(カタログ)を請求すれば良いか悩んでる方は、家づくりのプロに無料で電話で相談することが出来ます。

中立な立場で悩みの相談やアドバイスをしてくれます。

新築を建てようと思っているけど何から始めればいいか分からないという人も気軽に電話で相談することが出来ます。

 

タウンライフで無料で電話相談が出来る

タウンライフでは無料で電話相談するサービスもあります。

家は一生に一度の買い物になるので不安なことは電話で相談しましょう。

無料の電話相談の手順は以下です。

①タウンライフの無料電話相談へアクセスする

②「信頼ある注文住宅会社のご紹介はコチラ」へ

③住所、氏名、電話ヒアリングご希望日時を入力し送信

④希望の日時に電話が来る 

上記を行うとハウスメーカーの資料(カタログ)を無料で請求出来ることと、家づくりのプロに電話相談出来るので不安な事や悩んでいることがあれば気軽にサービスを利用するのが良いと思います。

 

まとめ

資料(カタログ)請求まとめ

新築を建てる際に後悔しないためにもハウスメーカーの情報は出来るだけ集めましょう。

情報を集めることで悩みが解決出来ます。

悩んでいるなら早速ハウスメーカーの資料を請求してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

アスヤマです。 2019年に新居を建てました。 家づくりをテーマにブログを書いていきます。 家づくりについて悩んだことや迷ったこと、それらに対しどうしたかなどのノウハウを記事にしていきます。 また新居に住んでみて、良かったこと、後悔したことをまとめていきますので、これから家づくりをする方に少しでも役に立てればと思います。