新築を建てる(買う)タイミング

こんにちは、アスヤマです。

今回は積水ハウスの注文住宅を新築で建てた私が、

新築を建てる(買う)タイミングについて記載します。

 

新築を建てたいなとか、そろそろ家を買いたいなと思っている人は、いつ新築を建てたり買ったりすればいいのか?

悩んだりすることがあるかと思います。

私としては、新築を建てること、家を買うことが決まっているなら、なるべく早い方が良いと思います。

「善は急げ」です。

新築を建てる(買う)なら早く行動するべき理由

新築を建てる(買う)なら早く行動するべき理由は以下です。

・賃貸を借りている場合、毎月家賃を支払っている

・生涯獲得賃金で考えてみよう

・新しい家に住むと幸せになる

 

賃貸の場合、毎月家賃を支払っている

現在の住まいが賃貸の場合、毎月家賃を払っていると思います。

新築のお金の支払いについては、家の予算にもよりますが、現在の賃貸の家賃と同じ額で新築に住むことが出来ます。

現在住んでいる賃貸の毎月の家賃と新築の毎月のローンを同じ額にすることが出来ます。

予算を低く設定したり、土地を既に持っている場合は、現在住んでいる賃貸の毎月の家賃以下のローンを狙うことも出来ます。

 

シミュレーションをすると、

例えば賃貸の家賃が1カ月で7万円だとします、

そのまま賃貸に35年間住み続けた場合、

家賃として支払う金額は、単純計算で2940万円となります。

(7万円 × 12カ月 × 35年 = 2940万円)

 

私は2940万円を家賃として支払うなら、

その2940万円で新築に住みたいです。

 

仮に賃貸に住んでいて、新築を建てる(買う)のが1年間遅れると、

新築の費用にあてられたはずの84万円を家賃として支払ってしまうことになります。

(7万円 × 12カ月 = 84万円)

 

私は毎月家賃を支払うなら、家のローンを早く支払った方が良いと思い、新築を建てると決めてから早く行動しました。

結果的に早く行動して良かったと思っています。

 

生涯獲得賃金で考えてみよう

次に生涯獲得賃金で考えてみましょう。

あなたがサラリーマンとして生涯いくら稼げるか考えてみましょう。

一般的にサラリーマンの生涯獲得賃金は約2億円から3億円となっています。

 

もしあなたの生涯獲得賃金が3億円で、新築の購入金額が3000万円で、現在の賃貸の家賃が7万円の場合、

 

すぐに家を建てると

単純計算の場合、2億7000万円を新築以外のことに使えます。

3億円(生涯賃金) - 3000万円(新築の値段) = 2億7000万円

 

10年後に家を建てると

単純計算の場合、2億6160万円を新築以外のことに使えます。

3億円(生涯賃金) - 3000万円(家の値段) - 840万円(10年間の家賃) = 2億6160万円

 

すぐに家を建てた場合と10年後に家を建てた場合を比べると

840万円も差が出ます

差額で旅行に行ったり、美味しいものを食べたり出来ます。

 

新しい家に住むと幸せになる

私は新しい家に住んで幸せになりました。

なぜかというと、賃貸(アパート)で生活していた時はアパートの隣の住人や上の階の住人の生活音が聞こえる度にストレスを感じていました

私は家族以外の他人の生活音が気になるタイプで、日々ストレスを感じていました。

新しい家は戸建てなので、新しい家に住んでからは、家族以外の他人の生活音が聞こえなくなり、ストレスを感じることがなくなりました。

生活音でのストレスを感じなくなったためか妻との夫婦喧嘩の回数も減りました。

(これが私にとって一番良かったかもしれません)

 

具体的なタイミング

新築を建てる(買う)ということは、人生で一番大きい買い物をすることになります。

滅多に経験することではないので、不安になったりすることがあると思います。

しかし新築を建てる(買う)タイミングを逃すのは良くないと思います。

私が考えた具体的な新築を建てる(買う)タイミングは以下です。

 

・結婚したタイミング

・子供が生まれたタイミング

・貯金が貯まったタイミング

・子供が巣立ったタイミング

 

結婚したタイミング

結婚をすると生活や環境が変わると思います。

生活や環境が変わる際には、引っ越しを行うことが多いです。

引っ越しは荷物を整理したり、引っ越し費用がかかったりと夫婦共に大変な作業となります。

私は新居を建てる前に5回引っ越しを経験していますが、5回とも荷物の整理や引っ越しの作業はすごく大変でした。

妻とも3回引っ越しを経験していますが、妻は引っ越しの度にもう引っ越しするのは嫌だと言っています。

上記より結婚と同時に新築を建てる(買う)のはオススメです。

 

子供が生まれたタイミング

子供が生まれたり、子供がある程度成長した場合も家を建てたり買ったりするタイミングとしては良いと思います。

私は新築を建てる前は賃貸(アパート)に住んでいましたが、子供が生まれてからは生活音がどうしても大きくなってしまい、同じ賃貸(アパート)に住んでいた方に迷惑をかけてしまっていたように思います。

さらに子供が生まれてからは、子供が生まれる想定で賃貸を決めていなかったため、子供の荷物が多くなり家が手狭に感じていました。

上記より子供が生まれたタイミングで新築を建てる(買う)のはオススメです。

 

貯金が貯まったタイミング

家を買う予定で予算を既に決めていて、予算分の貯金が貯まった場合も新築を建てる(買う)タイミングとしては良いと思います。

貯金に限らず資産を相続したり、運よく宝くじが当たってお金に余裕が出た場合も新築を建てる(買う)タイミングとしては良いと思います。

貯金額を予算から決めておくと区切りを付けやすいと思います。

 

子供が巣立ったタイミング

子供の巣立ちも新築を建てる(買う)タイミングとしては良いと思います。

子供が巣立つと家に住んでいる人の家族構成が変わります。

家族構成が変わるタイミングで思い切って新築を建てる(買う)のは良いと思います。

子供の巣立ち以外で家族構成が変わる場合も、新築を建てる(買う)には良いタイミングだと思います。

 

まとめ

新築を建てる(買う)のを悩んでいる、新築を建てる(買う)のに踏ん切りがつかない人の背中を押せたら幸いです。

私は新築を建てて実際に住んでいますが

新築に住むと人生がプラスに働くことが多いです。

「善は急げ」です。

コメントを残す