新築を建てるならまず住宅展示場へ行こう

新築を建てるならまず住宅展示場へ行こう

こんにちは、アスヤマです。

今回は積水ハウスの注文住宅を新築で建てた私が、

新築を建てるならまず住宅展示場へ行こうについて記載します。

 

新築を建てる、新築を買うことは決まっているけど、

一体何から行動すればいいのかと悩むことがあるかと思います。

実際に私も何からすればいいのか分からずに悩んでいました。

 

私の経験から新築の情報などはインターネットや本などで調べることは出来ますが、

実際に建物を見たり、家づくりのプロに話を聞いたり、

物に触れたりすることが重要です。

百聞は一見に如かずです。

私のオススメは近くの住宅展示場に行くことです

なぜ住宅展示場に行くべきなのか説明します。

 

なぜ新築を建てるときに住宅展示場へ行くのか?

私が考える住宅展示場へ行く理由は以下です。

・新築の情報を集めることが出来る

・ハウスメーカーで新築を建てるかどうか決められる

・新築をハウスメーカーで建てる場合、最初のイベントになる

 

気を付けなければならない注意点も記載しますのでしっかり読んで下さい。

 

新築の情報を集めることが出来る

住宅展示場へ行くと新築の情報を集めることが出来ます。

各ハウスメーカーで資料などをもらうことも出来ますので、全く新築の知識が無くても話を聞いて資料を貰うだけで新築に関して情報を集めることが出来ます。

 

住宅展示場とは

住宅展示場とは複数のハウスメーカーのモデルハウスが集合している場所のことです。

複数のハウスメーカーのモデルハウスを比較したり、各ハウスメーカーの営業担当の方と話が出来ます。

実際にハウスメーカーが建てたモデルハウスの中に入って家の中を見ることも出来ます。

 

複数のハウスメーカーの情報を集められる

モデルハウスに入ると受付の方や、営業担当の方に声をかけられて、説明を受けながら家の中を一緒に見ることが出来ます。

モデルハウスで説明を受けたら是非パンフレットや説明資料を貰ってください。

その場で話を聞いただけでは忘れてしまうこともあるかと思いますので、パンフレットや説明資料を貰い、家に帰ってから資料を見直したり、各社を比較しましょう。

このハウスメーカーはこんな機能がある、こっちのハウスメーカーはこんなプランがあるなどと比較することが出来ます。

 

質問や相談が出来る

ハウスメーカーが作ったモデルハウスに営業担当の方がいるので、その方に新築についての疑問、質問、悩んでいることを何でも聞いてください

営業担当の方もプロなので丁寧に説明してくれます。

実際にそのハウスメーカーに決めなくても情報だけはタダで集められるので、どんなことでも質問してみて下さい。

質問しないで後で後悔するよりは質問してすっきりした方が良いと思います。

私としては新築の価格についての質問をした方が良いと思います。

理想の間取りを伝えて新築を建てるなら価格はいくらになりますか?

などと質問してみてください。

正確に教えてくれない場合は、おおよその価格で良いので教えて下さいと言ってみると教えて貰えると思います。

 

ハウスメーカーで新築を建てるかどうか決められる

住宅展示場である程度情報がそろったら、新築の価格や性能を自分たちの予算やゆずれないことと比較することで、ハウスメーカーにするかどうか判断することが出来ます。

新築を以下のどれにするかの判断材料になると思います。

 

・ハウスメーカーで新築を建てる

・工務店で新築を建てる

・設計事務所で新築を建てる

 

ハウスメーカーで新築を建てる

住宅展示場に行って情報を集めると、自分が建てたい家にぴったり、価格も予算内に収まる、営業担当の方が親身に話を聞いてくれて信頼できる、保証が充実しているなどの理由で、新築はハウスメーカーにするなどと決められるかと思います。

 

工務店にする

住宅展示場に行って情報を集めたけど、工務店と見た目や機能は変わりないし、価格も工務店の方が安いから工務店に決める。

などといった判断も出来ると思います。

 

設計事務所にする

住宅展示場にいったけどどこも似たような家でおしゃれじゃないし、自分たちのこだわりも捨てることになるとの理由から、設計事務所で建てるなどと判断も出来ます。

 

新築をハウスメーカーで建てる場合最初のイベントになる

ハウスメーカーで新築を建てる場合は、家づくりの最初のイベントが住宅展示場に行くことになります。

各ハウスメーカーの営業担当の方と数回打ち合わせを行い、契約をするという流れになります。

住宅展示場に行くことが新築を建てはじめるきっかけになります。

 

気を付けなければならない注意点

住宅展示場っていいところなんだと思っている方に

注意点が2点ありますのでよく読んで下さい。

 

注意点1:最初に話した営業担当の方があなたの担当になる

営業担当の方もノルマがあるので、何か理由がない限り、最初に話をして名刺をもらった営業担当の方があなたの担当になります。

担当の方と合わなかったりするとずっとストレスを感じながら家づくりをすることになるので注意して下さい。

 

私のオススメの営業担当の特徴

・年齢は30~40代

・礼儀正しい

・言葉遣いが丁寧

・こちらの話を最後まで聞いてくれる

・話をしていてストレスと感じない

 

上記の特徴の方であれば問題ないと思います。

すごく若かったり(入社して間もない)、雑な接客をされたり、

少しでも嫌だなと思ったら注意が必要です。

※ハウスメーカーによりますが、営業担当の方を変えることも出来ます。

 

注意点2:強引に契約をさせたがる営業担当の方がいる

住宅展示場で各ハウスメーカーの営業担当の方と話をしていると、急に「貯金はいくらありますか?」「土地はありますか?」などと質問してきたり、働いている会社や年収のことを事細かく聞いてきて、「次回はいつ来れますか?」などとしつこく聞いて来たり、家に帰ってからも何回も電話をかけてきたりする営業担当の方がいます。

営業担当の方も仕事なので仕方がないとは思いますがすごく強引な方がいます。

新築で家を建てるのはほとんどの方が初めてで慣れていないので相手の言うとおりにすると、自分たちが思い描いていた家やこだわりと全然違う家になったりします。

迷惑だと思ったり、嫌な気分になる場合ははっきり断ることが大切です。

はっきり断れば相手も引き下がります。

 

うまく断れない人に魔法の言葉を授けます。

それは「他のハウスメーカーに決めました」です。

相手は「そうですか」と言って引き下がります。

実際に決まっていなくても上記の言葉を使うことで相手は引き下がります。

 

まとめ

新築を建てる際に、後悔しないためにも住宅展示場に行って情報を集めましょう。

実際に私も何回も住宅展示場へ行きましたが、

住宅展示場に行って後悔したことは一度もありませんでした。

 

住宅展示場に行かずにハウスメーカーの資料(カタログ)を請求することも出来るので、時間がない人や住宅展示場が遠い方は下記でハウスメーカーの情報を集めましょう。

新築の情報収集は下記を参照下さい。

ハウスメーカーの資料(カタログ)を請求する方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

アスヤマです。 2019年に新居を建てました。 家づくりをテーマにブログを書いていきます。 家づくりについて悩んだことや迷ったこと、それらに対しどうしたかなどのノウハウを記事にしていきます。 また新居に住んでみて、良かったこと、後悔したことをまとめていきますので、これから家づくりをする方に少しでも役に立てればと思います。