新築にホットあわーはオススメ

新築にホットあわーはオススメ

こんにちは、アスヤマです。

今回は積水ハウスの注文住宅を新築で建てた私が、

新築にホットあわーはオススメについて記載します。

 

 

新築の浴槽にはホットあわーが良い

現在新築を検討中の方で、給湯器を迷っているなら、

三菱電機の給湯器でホットあわー機能が付いたものがオススメです。

実際に新築でホットあわーを使用してみて良さを実感出来ています。

毎日の入浴の質がワンランク上がったように感じています。

ホットあわーについては下記で詳細を記載します。

 

 

ホットあわーとは

ホットあわーとは、お湯を入れた浴槽に、約0.01ミリのマイクロバブルを発生させる機能です。

ホットあわーのボタンを押すだけで約0.01ミリの泡が発生します。

簡単に説明するとジェットバスよりも水量は少なく、ジェットバスは大きい泡が発生するのに対し、ホットあわーは小さい泡が発生します。

 

ホットあわーの特徴は以下の3点です。

・マイクロバブル入浴が出来る

・暖かいお湯の水流で気持ちが良い

・バブル洗浄で配管を清潔に保つ

他の給湯器やエコキュートと比べると上記の特徴があります。

ホットあわーの実感できる効果は下記に記載します。

 

 

ホットあわーの使い方

ホットあわーの使い方ですが、お湯をためた浴槽に入浴した際に、上記写真の「ホットあわー」ボタンを押すことで約0.01ミリのマイクロバブルが発生します。

機能を止めたい場合はもう一度「ホットあわー」ボタンを押すと止まります。

止めるのを忘れても自動で10分後に停止します。

自動停止時間は初期は10分ですが、5分、10分、20分、30分、60分に設定出来ます。

 

 

ホットあわーの効果

私が実感しているホットあわーの効果は下記です。

・体が温まる

・炭酸系の入浴剤の効果がずっと続く

 

体が温まる

体が温まるについてですが、ホットあわーの機能として約0.01ミリのマイクロバブルが発生します。

さらにマイクロバブルと同時に水流も発生します。

浴槽内の2方向にお湯のゆるやかな水流が発生します。

イメージとしては、浴槽のお湯をずっとかき混ぜているような状態になります。

マイクロバブルの効果と合わせて水流があることで、体が芯から温まります。

(体が温まるのも早いです)

浴槽に入っているときにお湯を混ぜると暖かく感じたり、気持ちいいと感じることはありませんか?

上記がずっと続くので体が温まるのを実感しています。

冷え性の女性の方や、体が冷えやすい冬には特にオススメです。

 

炭酸系の入浴剤の効果がずっと続く

炭酸系の入浴剤の効果がずっと続くですが、炭酸系の入浴剤を好んで使用している人は、あのシュワシュワ感や炭酸の泡が気持ち良いと思う人が多いと思います。

個人的な体感として、炭酸系の入浴剤を入れて入浴剤が溶けきった後に、ホットあわーの機能を使用すると、炭酸系の入浴剤を使用した時のような

シュワシュワ感がマイクロバブルの効果で復活します。

ホットあわーを使用している間ずっと上記の状態になります。

炭酸系の入浴剤が好きな人はたまらないと思います。

 

 

ホットあわーで実感できないこと

効果の逆で、実感出来ないこととしては、マイクロバブルの体の汚れを落とす効果です。

マイクロバブルは微細な泡で皮脂などの汚れを体からはがす性質がありますが、私はそれが実感出来ません。

上記の効果を期待しすぎたのかもしれません。

ホットあわーを使用する前は、もしかしたら体洗わなくても体が綺麗になるのかな?

などと考えていましたがそのような実感が持てず、結局いつも通り体はボディソープで洗っています。

 

 

まとめ

新築を検討中の方で給湯器の種類で迷っている方に私はホットあわーの機能が付いている給湯器を付けることをオススメします。

 

新築の浴槽についてはカタログなどで情報を集めることが重要です。

ハウスメーカーの資料(カタログ)を無料で請求する方法は下記を参照下さい。

ハウスメーカーの資料(カタログ)を請求する方法

 

 

他にも新築で後悔しなかった14の機能について下記に記載しているので合わせて見て下さい。

新築で後悔しなかった14の機能

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

アスヤマです。 2019年に新居を建てました。 家づくりをテーマにブログを書いていきます。 家づくりについて悩んだことや迷ったこと、それらに対しどうしたかなどのノウハウを記事にしていきます。 また新居に住んでみて、良かったこと、後悔したことをまとめていきますので、これから家づくりをする方に少しでも役に立てればと思います。