新築の屋根の形状は寄棟?妻切?片流れ?

こんにちは、アスヤマです。

今回は積水ハウスの注文住宅を新築で建てた私が、

新築の屋根の形状に悩んでいる方に

オススメの屋根の形状を記載します。

 

新築の屋根の形状は寄棟が良い

新築の屋根の形状は結論から言うと、寄棟屋根がオススメです。

他にも妻切屋根や片流れ屋根などがありますが、我が家は寄棟屋根にしました。

寄棟屋根の家に住んで、寄棟屋根にして良かったと思っています。

 

屋根とは

屋根とは、家の上部にある構造物で、雨や風や雪や太陽の日差しから家を守る役割があります。

屋根はその土地や気候に対応出来るものが好ましいです。

日本という国は世界的に見ても、雨の日が非常に多い国です。

各都道府県や地域によって多少異なりますが、一年を通して雨の日が多いです。

雨の日が多い日本で家を建てるとしたら、どんな屋根がいいと思いますか?

私なら雨に強い屋根にしたいです。

現在、新築を建てる際に施主が屋根の形状を選べます。

屋根の形状で代表的なものが、

「寄棟屋根」「妻切屋根」「片流れ屋根」です。

各形状ごとにメリットやデメリットがあるので、それらを分かった上で屋根を選べば、新築を建てた後に後悔することがないと思います。

 

なぜ寄棟がオススメか?

屋根の形状は代表的なものが、

「寄棟屋根」「妻切屋根」「片流れ屋根」です。

私は寄棟屋根をオススメします。

寄棟屋根とは以下の図のような屋根です。

 

寄棟屋根をオススメしている理由は以下です。

・寄棟は雨に強い

・1階に付けても合う

・軒天をデザインしやすい

 

寄棟屋根は雨に強いです。

雨に強いとは、雨が降っても雨漏りの心配が少なく、家の外壁や窓が雨で濡れることが少ないということです。

私は寄棟屋根の新築に住んで半年以上経過しますが、梅雨の時期でも窓が雨に濡れるようなことはほとんどありません。

強風の日にや台風の日に雨が降って多少濡れた程度で、基本的に2階も1階も窓は雨に濡れていません。

 

寄棟屋根は1階に屋根を付ける場合、違和感がなくとても合います。

さらに高級感も出ます。

例えば玄関の上に屋根を付けたいと思った場合、寄棟屋根なら玄関の上にそのまま屋根を付けられるので、違和感なく玄関周りを雨や日差しから守ることが出来ます。

 

軒天をデザインしたいと思っている場合、寄棟屋根なら軒天をデザインしやすいです。

妻切り屋根や片流れ屋根でも軒天はデザイン出来ますが、見た目として違和感を感じると思います。

我が家は寄棟屋根の軒天を木目調にデザインしています。

すごく気に入っています。

 

まとめ

私の考える寄棟屋根、妻切り屋根、片流れ屋根のメリットとデメリットは以下です。

 

寄棟屋根

メリット:雨に強い、1階に付けても合う、軒天をデザインしやすい

デメリット:価格が高くなる

 

妻切り屋根

メリット:2方向からの雨風に強い、可愛らしい家になる

デメリット:屋根がかかっていない2方向が雨風弱い

 

片流れ屋根

メリット:ソーラーパネルの発電量が多い、価格が安い

デメリット:3方向からの雨風に弱い、雨漏りリスクが高い

 

私は寄棟屋根をオススメしますが、土地や気候、デザインや価格など自分に合う屋根を選べば家を建てた後、後悔しないと思います。

 

軒についての詳細は下記に記載しているので、良ければこのまま見てください。

新築には軒を付けるべき

コメントを残す